ベランダ塗装

HOME > ベランダ塗装

ベランダ塗装、ベランダ防水はご相談下さい。

ベランダは、屋上の次に防水塗装工事が必要となる場所です。

ビルやマンション、アパートのベランダの修繕箇所は気付きにくいものです。
建物の老朽化が気になる方はまずは診断のご依頼を。

ベランダ塗装

ベランダでよくある劣化

塗装の膨れ、剥がれ

床や壁部分に膨れや剥がれがみられる場合は、塗装工事もしくは補修工事・防水工事をオススメします。
すでに建物の中に水が浸入していたり、いずれ雨漏りにも繋がりますので早めに補修工事対応を。

ベランダ内の水たまり

ベランダに水たまりができているということは、汚れや排水溝のつまり・破損などによって排水口がせき止められている可能性があります。ベランダは本来、排水口へ水が流れるよう緩やかな勾配がついています。雨水が流れず溜まっている場合は、危険度も高いです。
速やかな対応が必要です。早い段階でご相談いただければ、排水溝だけの処置で済みます。

サッシ(窓まわり)のシーリング

サッシ(窓まわり)からの雨漏り事例は意外と多くあります。シーリングの劣化による剥がれ、シーリングの切れが隙間を作り雨漏りとなります。
シーリング打ち替えと外壁の補修工事で窓まわりの防水は防げます。

© 株式会社 東京サンコー.