屋根塗装

HOME > 屋根塗装

屋根塗装・屋根の塗替え。
まずはご相談下さい。

一般的に屋根の塗替え目安時期はスレート屋根は10年、トタン屋根は5〜8年といわれています。

屋根の傷みや修繕方法、その他ご要望や予算によって遮熱塗装や一般屋根用の塗装など、塗料のご提案が可能です。

屋根塗装

屋根の塗替え 目安時期

屋根の色が変色

特に金属系屋根材は、他の屋根材に比べ変色します。多くの紫外線・風雨にさらされるので劣化が進みます。

屋根塗料の剥がれ

もちろん経年劣化によるものが大半です。ただ、塗替えて1年ほどで屋根の塗料が剥がれてくる原因としては、下地に塗る塗装材が不適切か雨などの環境による剥がれなどが考えられます。

藻やコケの発生

日当たりがよくない屋根面に藻やコケが生えることが多くあります。また、塗料に含まれる防カビ剤の薬効がなくなってきた場合に起こります。

軒天(のきてん)塗装

軒天(のきてん)は、住宅の屋根の外壁より外側に出ている部分の天井のことです。外壁同様に耐久性が低下しているため、同時の塗装をオススメします。

破風板(はふいた)・庇(ひさし)

外壁・屋根の付帯部材といわれる破風板(はふいた)、軒裏(のきうら)、庇(ひさし)などの塗替え。経年劣化が激しい木造住宅の場合は、剥がれてしまっているケースも見受けます。

© 株式会社 東京サンコー.